テーマ:音楽

待合室BGM●カザルス-アンコール曲と編曲集 第1集

「待合室BGM●カザルス」に続いて、またカザルス作品。「アンコール曲と編曲集 第1集」(Amazon、HMV)は、ドビュッシー、 シューベルト、 シューマン、 ショパン、 サン=サーンスなどの有名曲が収録された、お徳盤です。Amazonで税込み788円というのは何でこんなに安いんでしょう?アルバムをとおして激しい曲がないので、院内でか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待合室BGM●イーノ

ブライアン・イーノのアンビエントシリーズ一枚目「Misic for airports」です。イーノは入院中に「聴くこともできるが、無視することもできる音楽」というアンビエントミュージックのコンセプトを思いついたそうです。そういう意味で、(タイトルは「空港用」ですが)病院でかかっていても不自然ではないかな、と思っています。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

待合室BGM●カザルス

当院の待合室では、今春から音楽をかけています。最近のヘビーローテーションは、カザルスのバッハ:無伴奏チェロ組曲 です。クラシックは詳しくないのですが、これは歴史的名盤と言われているようですね。本当に名演で、何度聴いてもいいです。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more