まだ流行中だった

画像


日曜日の当番日。

3月18日(日)の休日当番報告です。
インフルエンザも落ち着いてきたな、と普段の診療で感じていたのですが、休日当番は甘くなかった。
朝9時から午後6時まで(本来は5時までなので1時間オーバー)ほぼノンストップで診療して、患者さんは46名でした。
540分÷46≒12分。患者さんひとりあたりの時間は2009年のパンデミックのときの当番日と変わりません。すべて初診の方だと僕の場合これくらいの時間がかかってしまうということですね。

ちなみにほとんどの方が発熱あり。おそらく8割くらいはインフルエンザ。簡易検査で陽性だった人は、ひとりを除いてB型インフルエンザでした。

この記事へのコメント