師匠、去る

画像


久々の更新は、超個人的メッセージです。

大学病院時代にお世話になった、僕にとっての師匠というべきT先生が、新天地へと異動することになりました。
僕が研修医のころからお世話になり、大きな影響を受けた先生です。T先生がいなければ血液内科に入って移植の仕事に携わることはなかったと断言できます。T先生の臨床医としての姿勢は、いつも僕の目標でしたし、今もそうです。

そのT先生が大学を辞めるにあたり、仕事のひとつを僕が引き継ぐことになりました。
師匠からの後任の指名をいただき、ありがたく感じています。

T先生とは、最近ではたまに大学病院の医局でお会いするくらいでしたが、不思議と安心感がありました。
そんな機会が今後はなくなるかと思うと少々寂しいです。次はOB会で。

改めて、T先生、いろいろとありがとうございました。
今後もよろしくお願いします!