輸入ワクチン希望、山梨県だけ

画像


先週のニュースです。

以下、引用。

厚生労働省は22日、2月上旬に出荷が始まる新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、現時点で配分を希望したのは全都道府県のうち山梨県1県にとどまったと発表した。同県の希望は200回分のみで、初回出荷の供給可能量474万回分を大幅に下回った。
 一方、今月29日に9回目の出荷が予定されている国産ワクチンも、供給可能な649万回分に対し、引き合いは520万回分とだぶつき気味。既に長妻昭厚労相はワクチンが余るとの認識を示しており、同省は余剰分についてメーカーとの売買契約を解除できるかどうか検討している。
 国は、スイスのノバルティス社、英国のグラクソ・スミスクライン(GSK)社の2社と計9900万回分のワクチン購入契約を結んでいる。厚労省は今月20日の特例承認を前に、都道府県を通じて輸入ワクチンの必要量を調査していた。
 初回の出荷はノバルティス社が2月3日に234万回分、GSK社が5日に240万回分可能。しかし、46都道府県は発注量を「ゼロ」と回答。唯一、GSK社製ワクチン入手の意向を示した山梨県の担当者は「4医療機関が『需要があった場合に備えて』と、最小単位の50回分ずつ希望した」と説明している。

引用おわり。

初回出荷予定が4,740,000回分に対して、なんと山梨県だけしか希望しなかったのも凄いですが、それもわずか200回分(!)。危機管理というものはある程度の無駄(あるいは無駄に見える投資)はやむを得ない面はあるとはいえ、需要が供給の0.004%しかないって・・・めまいがしそうな話です。10月には需要と供給の関係がまったく逆だったなあ。もう、はるか昔のようです。

ワクチンが余るのはもはや既成事実。
国が輸入ワクチンの一部解約を交渉しているとの報道もあり、大量に余ったワクチンをどう処理するか、関係者は日々頭を悩ませているはずです。当院でも、今の在庫(もちろんすべて国産)を使いきることができるのか、少々不安です。

もう一度確認すると、現在新型インフルエンザワクチン接種の対象は「希望者全員」です。
もう年齢も持病も関係ありません。

当院では、電話で予約していただければ、当日接種できます。


この記事へのコメント