新型ワクチン10mlバイアル!

画像

先週の土曜に新型インフルエンザワクチン接種をしました。

話題の(?)10mlバイアルがうちにも来てしまい、いろいろ考えて土曜の午後、診療時間外に希望者に集まってもらい、ワクチンを打ちました。

通常のワクチンは1mlバイアル(一瓶に1ml入ってる容器のこと)で供給されるのですが、今回の新型ワクチンでは1mlのほかに10ml入りの容器が納入されることがあり、多くの開業医を悩ませています。ワクチンの瓶は、いったん開封すると24時間以内に使うことになっていて、余った分は廃棄しなければなりません。1mlの場合、大人はひとり分が0.5mlなので、一瓶二人分になります。今までのワクチンでは、週末に半分(ひとり分)余ってやむなく廃棄することはたまにありました。

現在、これだけ「新型のワクチンが足りない!」と半ばパニック状態になっている時期なのに、10ml(=大人なら20人分、1~5才なら0.2mlで50人分!)の半分残ったから捨てるってわけにはいきません。なおかつ現在新型インフルエンザ流行中ですから、一般診療とワクチン接種を同じ時間帯に、というのも問題がありそうです。そういうわけで、なるべく多くの方に集合してもらえる土曜の午後にしました。ちなみに大半が1~6才の子供たちで、「最優先」の基礎疾患のある大人の方も何人か打ちました。おかげさまで無駄なく一瓶空けることができました・・・

さて、今後の新型ワクチン接種ですが、まったく予定がたちません。接種スケジュールはどんどん「前だおし」なんて言っているのに、肝心のワクチンが入ってこないのです。新たにワクチンが入ってこないので、今のところ予約を受け付けられない状態です(当院では仮予約は受け付けていません)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック