新しいAED

画像

3月5日に当院のAEDが新しくなりました。

先代(初代)のAEDは、2004年の9月に買いました。そのときバッテリーは5年持つという話でしたが、半年ほど早くバッテリー切れのアラームが鳴りはじめたので、今回買い換えました。予定より早くバッテリーが切れたのは、一回使用したせいだと思います。

その使用経験については、「AEDで救命できました」という記事にしました。あれからもう3年以上経つのですね。改めて、開業医としては滅多にない貴重な体験でした。その後も、そのAEDで回復した患者さんは、年に一度くらい元気な顔を見せてくれます。嬉しいことです。

今回、新しいAEDを持ってきてくれたメーカーの方と少し話したのですが、多くのAEDを扱っていても、実際に使用し救命できたという話を直接聞くのは初めてだったそうです。その実際に人ひとりの命を救った初代AEDは、下取りで回収してもらいました。なんだかちょっと名残惜しかった・・・ありがとう、初代!写真はガイドライン2005対応のヴァージョンアップした2代目です。フタが半透明になりました。

この記事へのコメント

マカロンo(^-^)o
2009年03月08日 15:06
半透明のAEDを初めて見ました。こちらのデザインの方が良いと思いました。

…と、言いますかブログでまさかAEDを見るとは思いもよらず…という印象です。

個人的には、アメリカのように、ある程度の年齢に達すれば義務教育機関で、バイスタンダー程度は授業の一環に取り入れてはどうかなと思うこともあります。
2009年03月08日 22:16
最近では多くの学校にAEDが設置されていますね。僕が関わっているいくつかの学校にはすべて設置済みです。まずは学校の先生方に、できれば生徒さんにもAEDを含む心配蘇生法を知ってもらいたいところです。学校の先生向けに心配蘇生の話をさせていただいたことはあるのですが、生徒さんにはまだ話したことがないので、今後考えていきたいですね。

この記事へのトラックバック