まだ麻疹(はしか)ワクチン2回目を受けていない中1・高3の皆さんへ

画像


あと2ヶ月ですよ!

読売新聞から引用~

主要校8割感染対策求める

 大学生のはしか流行が問題になっているが、全国の主な大学の8割が、来年度の入学予定者に対し、入学前の感染予防対策を求めることが日本小児科医会などの調査でわかった。(中略)

 調査は昨年末、同医会、京都小児科医会、京都市学校医会が、一学年の定員が2000人以上の総合大学と医学部のある全国の大学計112校に行い、93校から回答を得た(回答率83%)。「入学前にはしか対策を行う」と答えた大学は72校(77%)にのぼった。うち、「予防接種を受けるよう指導する」大学は51校(55%)、「感染や予防接種歴の調査を行う」大学は41校(44%)だった。(中略)

 はしかの予防接種は従来、1回接種だったが、予防効果が不十分なことから、2006年度から1歳と小学校入学前の2回接種に変更された。“1回接種世代”の若者に対し、国は今年度から5年間に限り、高校3年生と中学1年生での追加接種を実施している。厚生労働省によると、昨年9月末時点で、高3のはしかワクチンの接種率は48%と低迷。特に、東京、大阪、神奈川、埼玉、京都など都市部で低い傾向がある。

~引用おわり


付け加えれば、たとえ大学入学のときに問題にならなくても、今の高3から下は「2回接種世代」になるので就職や留学の際に1回しか打ってない方は麻疹ワクチン接種を求められる可能性があります。さらに言えば、大学に行かない方も、就職の際に問題になるかもしれません。

別に「何か言われるから」ではなく、第一には自分を守るための予防接種です。もちろん、大学側も麻疹が流行して「対策が甘い」とマスコミに叩かれたり、評判が落ちたりすることを恐れています。入学のときにも、報道されているような低い接種率であれば、今後はより厳しい予防接種対策がとられるでしょう。少なくとも僕が校医をやっている大学ではそうするつもりです。

以前、「中1と高3に麻疹風疹混合ワクチン接種が始まります」という記事でも書いたとおり、3月末までは中1・高3の皆さんは無料で麻疹ワクチンが受けられます。この制度は、5年間の期限付きなので中1の皆さんにとっても2回目を無料で打てる最後のチャンスです。ちなみに4月になってから打とうと思うと、(医療機関によって料金は異なりますが)だいたい1万円近くかかります。

まだ2回目の麻疹ワクチンを受けていない受験生の方は、受験が一段落したら、是非近くの医療機関で接種してください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック