骨髄バンクのお仕事

画像


今年の3月から、骨髄バンクの仕事をやってます。

4年前に開業するまでは、大学病院の血液内科で働いていた関係で、先輩に誘われ骨髄移植のコーディネートのお手伝いを始めました。役職名は「調整医師」。

最も多い仕事が「確認検査」です。

骨髄移植が必要な患者さんは、血縁者でドナーがみつからない場合、まず骨髄バンクに登録してHLA(白血球の血液型)が一致するドナーさんを探します。

患者さんとHLAが一致したドナーさんには、コーディネートのお知らせが届きます。この時点で特に問題がなければ、最初にお願いするのが「確認検査」。まずコーディネーターから、骨髄提供に関するさまざまな事柄を、危険性も含め詳しく説明します。調整医師は、医学的な補足、簡単な診察や血液検査をします。

確認検査は、調整医師の所属する医療機関で行います。多くの調整医師は大病院に所属する血液内科医なので、うちのような小さな診療所で骨髄移植の話をしているのは全国的にも珍しいようですね。多摩地区は調整医師が不足しているらしく、わりと遠くから来ていただくドナーさんもいらっしゃいます。ちょっと駅からは距離がありますが、(大学病院などに比べれば)静かなので、リラックスしてお話できるのではないかと自画自賛しておきましょう(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 沖縄で骨髄移植ができるように!

    Excerpt: 白血病を患い闘病中の友人に教えてもらいました。 私もドナー登録しているけど、こんな現状があるとは知らなかった! 「沖縄県骨髄バンクを支援する会」によると、 ドナー登録に焦点を当てた場合、 沖縄県は人口.. Weblog: SHINAKOSAN IS OKINAWAN racked: 2009-08-24 10:05
  • 「骨髄バンク」

    Excerpt: 「骨髄バンクのお仕事」について 登録してから 何年たったことでしょう? Weblog: おじさんナースのモノトーンな日々 racked: 2009-09-12 21:37