麻疹・風疹混合ワクチンも在庫切れ

画像


先週の記事で、麻疹単独ワクチンが在庫切れになったことをお知らせしました。
そして今日、麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)も手に入らなくなりました。(既に予約いただいているワクチンについては大丈夫です)

MRワクチンの定期接種分(1歳と小学校入学前)を確保するためと、各自治体などが、ワクチンをうったことがなく、麻疹にかかったこともない子供のためにワクチンを確保したことが原因と思われます。よりリスクの高い方に優先的にワクチンを接種してもらう、という意味で納得できる話です。ちなみに多摩市では、5月28日から、2歳~中学3年生のワクチン未接種・麻疹未罹患の方を対象に、公費負担で安くワクチンを接種することになりました。詳しくは、麻しん(はしか)の流行に対する多摩市の緊急対策 麻しん発生に対応した予防接種の実施についてを参照してください。

残念ながら麻疹およびMRワクチンの再入荷については未定です。

おまけに、麻疹の診断のために行う血液検査の試薬もなくなりそうとのこと。「最近は典型的な症状がでない麻疹が増えている」という情報で、ちょっとした風邪でもじゃんじゃん麻疹の検査が行われたのが原因ではないかと想像します。まあ、僕も少し心当たりがあるので・・・

ワクチンもない、検査もできない・・・困りました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック