廃校になった母校で講演

画像


4月から北諏訪小学校の校医をやらせて頂いている関係で、小・中学校の先生方(校長、副校長、体育主任、養護教諭)を対象とした「プール講習会」なる会合で、心肺蘇生について話をしてきました。

話を始める前に、AED講習会を受けたことのある方に挙手をお願いしたところ、思ったより多くの手が挙がったので、嬉しくなりました。とは言え、多摩市の小中学校にはまだAEDは設置されていないのですが。

ところで、この会があった「多摩市立教育センター」は実は僕の母校でした。かつては「中諏訪小学校」と呼ばれていた建物に、二十数年前に卒業して以来、本当に久々に足を踏み入れたのです。自分のクラスがどの部屋だったかも忘れてしまいましたが、その昔授業を受けていた教室で、廃校になったあとに自分が講演をしているというのはちょっと不思議な体験でした。ま、しゃべっている間はそんなことは考えていませんでしたけど。

写真はその教育センター。土砂降りのあとの青空がきれいでした。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック