禁煙治療【1】禁煙外来始めます

画像


つい一週間ほど前に、当院は「ニコチン依存症管理料の施設基準を満たした施設」と認定されました。平たく言うと、禁煙治療に保険がきくようになりました。

制度としては、今年4月の診療報酬改定で「ニコチン依存症管理料」が新設され、禁煙指導が保険適用となっていました。それはそれで喜ばしいことではあったのですが、実は決められた「施設基準」を満たしていない医療機関では保険がきかない、というネックがありました。つまり同じ治療をしても、ある病院では保険がきくのに、別なところでは保険がきかず、自費扱いになってしまうというわけです。実際、施設基準を満たす病院はまだまだ少なく、保険がきくなら受けてみようか、という喫煙者のニーズに応えられていないのが現状だと思います。

当院でも、今まで保険外治療として禁煙補助薬(ニコチンパッチ)の処方は行っていましたが、保険がきくのなら患者さん負担が約半分(3割負担で)となるため、保険がきかない施設では逆に禁煙治療がやりづらい状況になっていました。

今まで当院が基準を満たさなかったのは(多くの施設がそうだと思いますが)「一酸化炭素濃度測定器」を持っていなかったためです。これについては次回。

リンク
禁煙補助薬 「ニコチネル®TTS®」、条件付で薬価収載


この記事へのコメント

むしマニ?
2006年08月29日 17:04
中村先生こんにちは 禁煙の話が続いていますが禁煙に力を入れていらっしやるのですか? わたくしの夫もタバコを吸っていますが やはり身体が心配です 家族の働きかけでは辞める気はまったく無いようです
キッパリと「やめない!」と断言されてしまいました やはり本人の意思が無いと禁煙はムリな気がします ニコチンが快感中枢を刺激するからやめられないと聞いたことがありますが? 本当のところはどうなんでしょうか?         ところで写真の場所はどちらですか?
2006年08月30日 22:15
止められない原因としては、薬物依存に近い「離脱症状」が出るから、と説明されています。つまり、ニコチンが切れるとイライラしたり集中力がなくなったりするので吸ってしまうということのようです。
写真は南仏です。
むしマニ?
2006年09月01日 13:21
中村先生 コメントありがとうございます
夏休みに南仏に行ってらしたのですか?素敵ですね わたくしは子供達の 行事に追われる日々を過ごしていました やっと夏休みが終わってほっとしているところです(笑)
子供もいることですし夫にはやはりタバコをヤメテもらわないとと思っております なにか良い案がありましたら教えて下さい(T_T)
2006年09月01日 23:43
禁煙外来の受診はいかがでしょう。
むしマニ?
2006年09月04日 19:55
本人に直接 薦めると機嫌がわるくなるので少し難しいかなぁ~とおもいますが
もう少しがんばってみます ありがとうございました
身体に気をつけてお仕事してください       心肝宝貝

この記事へのトラックバック