院内紹介■重量計

画像


はかりですね。

瀉血(しゃけつ)に使います。瀉血とは、赤血球が多すぎるときなどに「血を捨てること」です。これで重さを量りながら、専用バッグへと血を抜いていきます。

手術の前などに自分の血を採っておく「貯血」とやっていることは同じで、後の処理(保管か、破棄か)が違うだけです。

実は瀉血用にデジタル重量計を買ったのですが、「オートパワーオフ機能」(3分くらいたつと勝手に電源が切れてしまう)がついていたので使えませんでした。血を抜いている間に電源が落ちて、重さが分からなくなってしまう、という決定的な欠陥でした。考えてみれば料理で使うときは3分以上続けて、ということはないですからね。そういうわけで、写真のようなアナログ重量計を使っています。

この記事へのコメント

Lucy
2006年08月07日 10:37
残念でしたね。それで瀉血用のはかりはタンスの肥やしとなってしまったのでしょうか?
2006年08月07日 19:22
いえ、ちゃんと料理用として使います(笑)
Lucy
2006年08月07日 21:29
それは笑えますねo(^ O ^)o
かえって高くついちゃいましたけど、大切に使って長持ちしそうですね。
Lucy
2006年08月07日 21:47
ちなみに、さかのぼって調べたところ私のお気に入りの「空」は
2004.4/14のブログのものでした。
和みますねぇ。
2006年08月08日 12:59
おっと、過去記事まで紹介して頂いて恐縮です(笑)。
雲、好きなんですよね。気付くと雲ばかり撮ってる時があります。
細かいことですが、その記事は2005年ですね。2004年4月はまだブログ始めてないので(笑)
Lucy
2006年08月09日 18:59
そうでしたね、2005年でした。あはは(笑)

この記事へのトラックバック