オランダのAED

画像
これまで何度か話題にしたAED(自動体外式除細動器)を、夏休みの旅行中にオランダのスキポール空港で発見。写真に撮ってみました。

ちょうど休み中に、「心肺停止の男性を救命 関空でAED、初成功」ということがあったようで、今後もAEDの普及が進んでいきそうですね。手当てが遅れれば命がなくなってしまう人を、こんなに簡単な方法で完全に社会復帰させることができるなんて、「心室細動に対するAED」以外にはないと思います。病院は当然として、スポーツ施設、空港・駅などの公共施設には一台は置いてある、という時代に今後なっていくでしょう。昨年から、非医療従事者でも使用できるようになっています。いざという時使えるように、AEDに触れる機会があるといいですね。各地で講習会など開かれていますので興味のある方は是非。

こんな本もあります。「AED(自動体外式除細動器)を用いた救急蘇生法の指針」420円です。

この記事へのコメント

ami
2005年08月25日 15:59
先生、お久しぶりです。夏休みの旅行はヨーロッパの何処に行かれたのですか?懐かしい「スキポール空港」です。トランジットで5時間も一人でうろうろしたのを思い出します。そのときは有ったかな?人の命が助かる大事な機会なんですね。
2005年08月25日 22:36
お久しぶりです。実は行ったのはフランスで、オランダはamiさんと同じトランジットだけでした。やっぱり5時間くらい空いたので、タクシーでアムステルダム市街に行って、RIJKS美術館(レンブラント、フェルメール!)とゴッホ美術館をハシゴして、すぐにタクシーで空港に帰りました。ああ、忙しかった!(笑)
2005年08月26日 10:15
私の夏休みはニューヨークのメトロポリタン美術館で大好きな”フェルメール・モジリアーニ・ゴッホ”をゆっくりと心ゆくまで観ていました。でも、すっごく暑い芸術の夏in NYでした。

この記事へのトラックバック

  • 講習会を受けました

    Excerpt: 会社で、AED(Automatic External Defibrillator)の講習を受けました。 AEDとは、自動体外式除細動器です。いわゆる”電気ショック”って奴です。 多摩市の中村内科医院の.. Weblog: カメの菊五郎の独り言 racked: 2005-09-09 21:07
  • AED

    Excerpt: 器)の取扱い(日本赤十字社) 非医療庶鮪メによる自動体外式除細動器(AED)の使用のあり方検討会報告書(厚生労働省)]AEDにて)自動体外式除細動器(じどうたいがいしきじょさいどうき、英語のAutom.. Weblog: 【AED】とは racked: 2005-10-03 22:13