「白血病はこわくない」を読んで

画像
「白血病はこわくない―臍帯血でつなぐ命のきずな」という本を読みました。臍帯血(へその緒と胎盤の中の血)という、今まで捨てていたものを、白血病などの治療に使うという画期的な治療についての本です。医療スタッフや患者さんを始め、臍帯血移植に関わる様々な業種の方が執筆されていて、臍帯血についての現状が分かりやすく解説されています。

昨年まで僕は、白血病に代表される血液の病気の治療、特に移植を担当させて頂いていました。この本にも文章を書かれている、日本で初めて成人臍帯血移植が成功し元気になった女性は、僕の友人が主治医だったこともあり、臍帯血移植については初期の頃から関心を持っています。
臍帯血はドナーの負担が全くないこと、コーディネートにほとんど時間がかからないこと、白血球の型(HLA)がぴったり合わなくても大丈夫なことなど骨髄バンクに比べメリットが多く、あっという間に広まってきました。もちろん実際にはすべての方がうまくいく、ということは残念ながらないのですが、骨髄バンクではいくら探してもドナーが見つからなかった方には本当に画期的な治療です。「あの時臍帯血バンクがあったらあの患者さんは助かったかもしれない」、という気持ちは世界中の移植医が持っていると思います。個人的にはこういった治療技術の進歩に医師として関われたことは幸せでした。

あと、この本を読んで初めて知ったのですが、うちの近所の日本医科大学付属多摩永山病院が「出産時に臍帯血を提供できる病院」のリストに入っていました。(恥ずかしいことに、同じ系列の病院で移植をやっていたのに知りませんでした・・・)こんなに素晴らしいことをやっているのに日本医大のHPには情報がのっていないのはなぜなんでしょう?提供に関する問い合わせは、東京臍帯血バンクまで、と書いてありました。念のため。

僕の持っている本は編者の幸道先生から直接買い、勢いでサインまでもらってしまいました(笑)。

臍帯血についてくわしくは日本さい帯血バンクネットワークを。

この記事へのコメント

昼あんどん
2004年11月18日 09:43
 おはようございます。私の姉は慢性骨髄性白血病で骨髄移植し、年齢的なものなどからと運悪く感染症にかかり、肺炎などを併発し10年前に亡くなりました。姉は50歳すぎていたため7割の年齢的なリスクがあるにもかかわらず3割の方に賭けました。不幸な結果ではありましたが、ドナーがすぐ見つかった時娘でもあり本当にうれしそうな顔をしていました。治療中とてもつらそうで一度だけ私に死んだほうがいいと本音をポロリと言ったこともありましたが、途中までは移植もうまくいって、娘のためにと頑張ると言ってました。娘の方は全麻をして腸骨から骨髄を採取しましたがこれも大変なことです。ですから臍帯血だとドナーに負担がかからないだけでなく、これだけでも危険なことが少なくなるし、ドナーを待たなくてすむので臍帯血がうまくどんどん移植されることをいつも願っています。
中村弘之
2004年11月18日 20:23
こんばんは。いつもありがとうございます。白血病はかつての「不治の病」のイメージはかなり払拭されてきたと思いますが、まだまだ手をつくしても助からない方はいらっしゃいます。臍帯血だけでなく、新しい薬(慢性骨髄性白血病におけるグリベックのような)や新しい治療で一人でも多くの方が回復できるよう、僕も祈っています。白血病の治療は大病院で行われることが多く、今の僕に出来ることはわずかですが、大学の友人に聞きながら、「開業医にしては血液に詳しい医者」を目指していこうと思っています。

この記事へのトラックバック

  • 「「白血病はこわくない」を読んで」について

    Excerpt: 「「白血病はこわくない」を読んで」について 親愛なる中村先生、大変失礼したことを、お詫びします。ただ、私は、間違ってなかったと思います。先生のような、真面目な方に、あえて、無礼と承知の上、 コメント.. Weblog: 日記@WebryBlog racked: 2004-11-19 22:29
  • 「「白血病はこわくない」を読んで」について

    Excerpt: 「「白血病はこわくない」を読んで」について 続き  私のブログを読み返してみると、先生のとは違い、トピックがバラバラ、で、子供じみていることは、否めません。ただ、誤解していただきたくないのは、真剣に.. Weblog: 日記@WebryBlog racked: 2004-11-19 22:40
  • 臍帯血移植を受けたYさんにおごってもらう。

    Excerpt: 先日、とてもうれしいお誘いがあり、都内某所でお寿司をごちそうになりました。 Weblog: 中村内科日記 racked: 2005-12-07 09:39